わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2016-08-21から1日間の記事一覧

佐々木敦「新・私小説論」(8)

「群像」2016年9月号掲載。 私小説におけるナラティブ(語り)の問題。堀江敏幸の評論(のような小説?)、そして名作『雪沼とその周辺』の考察。『雪沼』を、私小説の本質(であり人間の本質であるとも言える)「私という他者」を逆転させて「他者という私…

大変なことになっている/9月の海はクラゲの海

五時十五分。尿意が先か、麦次郎の鳴き叫ぶ声が先かはわからない。ほぼ同時だったと思う。尿意より麦次郎を優先し、猫缶をいつもの器に盛り、つづいて猫トイレをチェック。案の定、ハデにこぼしていた。加齢による失敗、人間で言えば大人用おむつのお世話に…