わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

大きめのねこじゃらし

 夜中に葵が枕元でガサゴソ、何やらいたずらをしていた。声をかけるとすぐどこかに走って逃げてしまうが、すぐ戻り、つづきをはじめる。何かをペロペロなめているような音がしたが、よくわからない。朝、あかりを付けると、床片付けておいたはずのホコリ取り用のハンディモップが床に落ちていた。葵はあれを、大きめのねこじゃらしだと思っている。 

ウェーブ ハンディワイパー 掃除用 本体 1本+取替えシート 1枚

ウェーブ ハンディワイパー 掃除用 本体 1本+取替えシート 1枚

 

 

f:id:catkicker001:20180620231123j:plain

f:id:catkicker001:20180620231128j:plain

 五時四十五分起床。篠突く雨。だが午前中に雨足は弱まり、霧雨が降ったり止んだり、曖昧な空模様がだらだらとつづくことになる。

 仕事。午前中は溜め込んでいた事務処理をせっせとこなし、午後は打ち合わせ。戻ってからはひたすら赤字対応の作業。

 ペンだこみたいな手の荒れ、ようやく落ち着いてきた。だがペンの材質によっては角質化した部分に触るとツルツルすべる。しばらくはラバーグリップが必須。高価なペンはつかえないな。ほとんど持っていないが。

 

 読書は佐伯一麦「山海記」(18)(「群像」2018年7月号掲載)のつづき。

 

 

群像 2018年 07 月号 [雑誌]

群像 2018年 07 月号 [雑誌]

 

 

 

還れぬ家 (新潮文庫)

還れぬ家 (新潮文庫)

 

 

 

渡良瀬 (新潮文庫)

渡良瀬 (新潮文庫)

 

 

 

ノルゲ Norge (講談社文芸文庫)

ノルゲ Norge (講談社文芸文庫)