わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

ネズミを引きずる

 五時四十五分起床。ここ数日、というよりも梅雨入りしてから断続的に、なのだが、ぼんやりと頭痛がつづいている。おそらく低気圧が原因なのだろうが、カイロプラクティック的な歪みやらなんやらも関係しているのかもしれない。

 仕事。某案件のコピーをせっせと書いていると、葵が三十センチほどの木の棒に紐、その先に小さなネズミ型のぬいぐるみが付いたおもちゃ(妻がつくった)をずるずると引きずりながら書斎までやって来た。いやいや、今は遊びませんよ。

 

 

 パンで昼食後、別の案件に取り掛かる。

 夕方は走ろうかと思っていたが、天気が不安定なので中止。競技ランナーではないので、天候での無理はしないことにしている。

 夕食を食べながら「いだてん」第二部を観た。うわ、ハイテンション。おなじ作品だというのに、ここまで雰囲気変えちゃうか。おもしろいなあ。

 

いだてん 後編 (NHK大河ドラマ・ガイド)

いだてん 後編 (NHK大河ドラマ・ガイド)

 

 

 読書は多和田葉子「星に仄めかされて(7)」(「群像」2019年7月号掲載)。一方的に送りつけられてくる論文のテーマがおもしろすぎる。言葉遊びの向こう側にあるこの世の仕組み、法則、原理のようなもの、さらに言ってしまえば神のような存在、が、時折見え隠れする。

 

群像 2019年 07 月号 [雑誌]

群像 2019年 07 月号 [雑誌]

 

 

 

地球にちりばめられて

地球にちりばめられて

 
飛魂 (講談社文芸文庫)

飛魂 (講談社文芸文庫)