わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2020-03-10から1日間の記事一覧

尾崎真理子「ギー兄さんとは誰か 大江健三郎と柳田国男」(1)

「群像」2020年4月号掲載の新連載評論。大江の神話的でありながら知的な裏付けのある「谷間」の世界観は、確かに柳田の影響を受けているのかもしれない。『万延元年』やぼくの好きな『懐かしい年への手紙』のギー兄さん、『燃え上がる緑の木』の新しいギー兄…

カルガモの気持ち

五時四十分起床。部屋の中がぬるい。春の訪れなのか、単に湿度が高いだけなのか。マンションの裏手を流れる善福寺川からはカルガモの騒ぎ声が聞こえる。気分が上がるような空ではなかった。もっとも、晴れたからといってカルガモの機嫌がよくなるかどうかは…