わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2016-09-11から1日間の記事一覧

熊野純彦「美と倫理のはざまで カントの世界像をめぐって」(11)

「群像」2016年9月号掲載。副題は「「究極的目的」と倫理的世界像 --世界はなぜこのように存在するのか--」。 人間という理性的存在によって自然界は目的の連鎖を形成する。うん。 群像 2016年 09 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/08/06 …

橋本治「九十八歳になった私」(3)

「群像」2016年9月号掲載。老人力がスパークしてます。笑える。 群像 2016年 09 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/08/06 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (1件) を見る 橋本治の作品はこちら。

いくつになっても空は読めない

六時三十分起床。雨音。強いが心配になるほどではない。窓越しに見る雨足もどこか軽い。むやみやたらと激しいだけの通り雨の音ではなく、空にしつこくへばりつき、延々と降らせる秋雨に思え、こりゃ終日この調子だろうな、ならば引きこもるか、と覚悟を決め…