わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

夫婦の遭遇

 五時四十五分起床。晴れ。ますます春の気配が色濃くなり、桜の開花を意識するようになってきた。

 仕事。午前中は某企業リクルートパンフのコピー。手こずるかと思ったが、すんなりと進んでしまって拍子抜け。

 午後は別の企業のカレンダーの企画。こちらはサポート的に関わっている。完成すれば迫力がありそうなのだが、よくわからない部分が多い。

 夕方、某案件の打ち合わせのために新宿某所へ。新宿三丁目の交差点付近で代理店の方やデザイナーと待ち合わせしていたら、世界堂へ買い物に来ていた妻と遭遇。こんな偶然ってある? とメンバーの皆さん、驚いていた。…同じ時間に世界堂に行くという話は聞いていたのだが。

 そして、会議を三時間。

 

 夕食は忙しかったのでピザでぱぱっと。

 

 読書は多和田葉子「星に仄めかされて」(4)。読みながら何度も寝落ちしたので、よくわからなくなっている。ちゃんと読み直そう。

 

 

群像 2019年 04 月号 [雑誌]

群像 2019年 04 月号 [雑誌]

 

 

 

地球にちりばめられて

地球にちりばめられて

 

 

献灯使 (講談社文庫)

献灯使 (講談社文庫)

 

 

百年の散歩

百年の散歩

 

 

 

 

 

今日の事件簿

  • 忘れかけていたインタビューの技術事件
  • そもそも学んでいなかったインタビューの技術事件
  • iPadの日本語変換じゃ効率上がらん事件
  • それでもなんとか事件
  • 医療機器がイケてるのか事件
  • どひゃーっと事件
  • 仮眠してたらミラージュ事件
  • 念入りクネクネ事件
  • 風呂上がりのケケケケ事件

 

タリーズで、これをiPadBluetooth接続して作業したけど…iMacの3倍くらい時間がかかる。

 

マグを買う

 うりゃうりゃの命日。1人暮らしの頃に飼いはじめたセキセイインコで、妻と結婚したときに妻の連れ子セキセイのハチといっしょに暮らすことになった子だ。最後は痛風で大変そうだった。今とおなじくらい鳥の健康管理に関する知識があれば(当時はきちんとした情報なんてほとんど得られなかった)、もう少し長生きさせてあげられたかもしれない。

 六時起床。日曜日ではあるが、早朝から仕事。

 十四時過ぎ、なんとか終了できたので妻と吉祥寺へ。割ってしまったマグカップを新調する。ずーっと、やたらと座りが悪くてすぐに倒れそうなデザインのいただきものを使っていたのだが、少々ストレスが溜まりはじめていたのだ。

 

f:id:catkicker001:20190317233547p:plain

 

 野菜、葵のおもちゃなどを買ってから帰宅。

 夕食は吉祥寺アトレにある「NICE TO MEAT YOU」のロコモコ丼とローストビーフ丼を妻とはんぶんこして食べた。

 

 読書は、読みかけだった佐々木敦全体論と有限」(4)(「群像」2019年3月号掲載)。マルクス・ガブリエルの新しい観念論というか存在論というか。ぼくは読んでないのだが、ちょっと詭弁っぽい感じなのかも。

 そして奥泉光『雪の階』。こちらは第三章をようやく読了。ここで一時休止して、「群像」4月号を読もうと思う。

 

群像 2019年 04 月号 [雑誌]

群像 2019年 04 月号 [雑誌]

 
群像 2019年 03 月号 [雑誌]

群像 2019年 03 月号 [雑誌]

 

 

 

雪の階 (単行本)

雪の階 (単行本)

 

 

 

イモとこんにゃくとランニングと屁

 六時起床。予報では朝までつづくといわれていた雨は結局降らなかったのか、ベランダも向かいの家の屋根も道路も濡れていない。夜のランニングは大丈夫そうだな、と期待しつつ身支度やら動物たちの世話やら掃除やらを進める。

 一通り掃除を済ませたところで、妻と荻窪へ。青梅街道沿いのベーカリー「吟遊詩人」でパン。ここはパン生地そのものがうまい。タウンセブンとルミネで夕食の食材など。妻がうれしそうにサツマイモを買っていた。あまり見たことのない品種だったらしい。ぼくはこんにゃくを所望。

 昼食後は仕事。ぼくがコピーライティングで関わった案件のアンケート調査が行われたのだが、その報告書づくりまで任されることになった。信頼していただけていることになるのでうれしいのだが、クライアントの要望でターゲット別に全44パターンを作成することになる。もちろん、すべて掲載されるアンケート結果が異なる。ふう。

 仕事の合間、というか気分転換に、葵と何度も激しく遊んだ。

 夜はランニングへ。上井草、石神井、関町、吉祥寺というルートで、15kmを1時間20分。スタート直後は寒かったが、すぐ慣れた。あちこちでモクレンの蕾。残り香のような沈丁花。小さな花をたくさん開かせているミモザ。梅は終わりかけか。ここ数日の食生活の影響か、ランニング中はやたらと腹にガスが溜まってつらかった。人気のない場所や、逆に交通量が多いところで、二三度、こっそり放屁しながら走った。帰宅後もガスッ腹はつづいた。

 

 就寝直後から胃痛に悩まされる。医師から「胃潰瘍の可能性あるから、つらいときは飲んで」と処方されていたブスコバンを服用したらたちまち楽になった。

 

 ▼すごくコーヒーを淹れやすくなった! 以前もコーヒーケトルは持っていたのだが、これよりさらに安価なものだった。キッチンに置きっぱなしにしたら、調理中に跳ねた油でギトギトになって捨てたんだったなあ。これは大事に使う。

HARIO (ハリオ) V60ドリップケトル・ヴォーノ ガス火・IH対応 800ml シルバー VKB-120HSV

HARIO (ハリオ) V60ドリップケトル・ヴォーノ ガス火・IH対応 800ml シルバー VKB-120HSV

 

 

 

押し込み傾向

 五時四十五分起床。激務がつづいている。ふだんから自分の生活の中のゆとりだのすきまだのといった時間がほとんどないことを気にしてはいるのだが、その傾向がここ数週間でさらに強まっている。その傾向が体にも現れているのか、夕方はなんとか時間をつくって美容室に行ったのだが、(家を出るギリギリまで作業に追われていたのだが)、かなり頭皮が固くなっているので気をつけたほうがいいと忠告された。ありゃま。

仕事を終わりにしてからは多少の余裕は出てくるが、結局読書は入浴中にしたり、英語の勉強は身支度中にイヤホンでラジオ英会話を聞くことで進めたり電車の移動中にスマホでテキストを読んだり、ととにかくアレコレ押し込んでしまうのもよくないんだろうなあ…。 

 

 読書は今日も奥泉光『雪の階』。ミステリー傾向はさらに強くなっていくのだが、そこにオカルトの要素も加わり、ハイレベルな文章表現力がそれをさらに魅力的にしている。

雪の階 (単行本)

雪の階 (単行本)

 

 

 Amazonで、気晴らしというかわずかなユトリを楽しむためにコーヒーケトルを購入。お気に入りのメーカー、ハリオのもの。やはりコーヒーをペーパードリップで淹れるときは、普通のケトルではなく、この形状のほうが使いやすい。 

HARIO (ハリオ) V60ドリップケトル・ヴォーノ ガス火・IH対応 800ml シルバー VKB-120HSV

HARIO (ハリオ) V60ドリップケトル・ヴォーノ ガス火・IH対応 800ml シルバー VKB-120HSV

 

 

 

今日の事件簿

  • ピエールショックはまだつづく事件
  • 今日は鉛筆よりもキーボード事件
  • ひとまず落ち着き事件
  • ホワイトデーはケーキを買いに事件
  • 耳カバー事件
  • 見積と見積と事件
  • 呼んでも来ないが呼ばれると文句たれる事件

 

 

 

 五時四十分起床。晴れ。スギの花粉が真っ盛りとのこと。花粉症の症状はさほどないのだが、今日ばかりは目が痒い。

 終日仕事。

 

 ピエール瀧容疑者、逮捕。大ファンというわけではないが、ナゴムレコード時代からその存在をなーんとなく気にかけていたし、今は「たまむすび」のリスナーなので、ショック。だが、瀧本人よりも、対応に追われるテレビ局や映画会社よりも、奥さんや娘のエリザベスちゃんのほうが気になる…。

 

 

人生 ナゴムコレクション

人生 ナゴムコレクション

 

 

 

ベスト

ベスト