わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

多和田葉子「地球にちりばめられて」(8)

 スサノオの心の中で突然復活した残忍で性的な衝動、そこからスサノオは音としての言葉を失い、そのまま浦島太郎よろしく、時から見捨てられたように生きる。もうすぐ、彼は日本人女性Hirukoと出会うことになる。

 

群像 2017年 07 月号 [雑誌]

群像 2017年 07 月号 [雑誌]

 

 

 多和田葉子の作品はこちら。

一丁前に文句もたれる

 五時三十分起床。曇天。麦次郎、食欲も旺盛になりつつある。わがままを言って鳴く時の声にも力がこもるようになった。一丁前に文句もたれる。

 コジコジは態度がどんどんそっけなくなっていく。発情だけでなく、換羽で新しい羽根がはえかかっているようだ。もっとも体力を使うし、不快でもあるらしい。

 仕事。早朝から二件ほどメールで納品を済ませ、手付かずになっていた別の案件をスタートさせる。よくわからんままに手を動かし、いつのまにか夜になっていた。

 夕食は、妻が実家から届いたじゃがいもでポテサラをつくってくれた。安定のうまさ。

 

↓夜はよく騒いでいた。で、疲れて床にコロリ。

f:id:catkicker001:20170626231538j:plain

 

おなじ杉並区民

 五時四十五分に目が覚めるも、二度寝してしまい六時十五分起床。だが動物たちの世話に支障はほとんどなかった。コジコジが少しイライラしていた程度。麦次郎はここ数日絶好調のようで、ご機嫌でゴハンを食べたり寝ころんだり。先日購入した健康食品の「レバスパンA」が効いているのかもしれない。たんなる栄養食なのだが。

 

レバスパンA 300g

レバスパンA 300g

 

 

 雨。だが朝のうちにやんだようだ。雨音は聞こえず、雨の気配は微かで、その気配を感じる自分の感覚は本当に合っているのかどうか、ついつい疑ってしまう。

 八時、仕事開始。某アミューズメント系企業のカタログ、そして某防災ビジネス系企業のカタログ。正反対のことをまとめて進めている。なんだか分裂した気分。

 夕方、小一時間ウォーキング。踵のキズはやっとふさがってきた。来週、どこかのタイミングでランニングを再開したい。

 夜は「アメトーーク」の動物芸人、そして「日曜美術館」。入江一子の創作の様子を密着取材していた。101歳(麦次郎が人間に換算したらこれくらいだろうって年齢だ)でいまだ現役、色彩感覚は鮮やかで絵筆の運びには勢いがある。作品世界はもとより、画家本人に魅力を感じた。それに阿佐ケ谷在住だしね。おなじ杉並区民。

 

 

 

シルクロードに魅せられて 入江一子100歳記念展─百彩自在─

シルクロードに魅せられて 入江一子100歳記念展─百彩自在─

 
色彩自在―シルクロードを描きつづけて

色彩自在―シルクロードを描きつづけて

 

 

 

↓今日の仕事中のBGM。滅多に音楽は流さないのだけれど、なんとなく気分で。

イヴニング・スター 2008リマスター・ヴァージョン(紙ジャケット仕様)

イヴニング・スター 2008リマスター・ヴァージョン(紙ジャケット仕様)

 

 

 

 

多和田葉子「地球にちりばめられて」(8)

「群像」2017年7月号掲載。あれ、なんだか反原発小説になっている?

 

 

群像 2017年 07 月号 [雑誌]

群像 2017年 07 月号 [雑誌]

 

 

 多和田葉子の作品はこちら。

ペロリ猫、そして不安定な坂

 五時四十五分起床。麦次郎、昨日は朝から嘔吐していたが、今朝は調子がいいようで、与えたゴハンは瞬時にペロリ。オシッコの後は早朝から外に出せと騒ぐ。コジコジは発情がキツい状態のようで、ひたすら吐き戻しをつづけ、声をかけてもそっけない。だが外でさえずる雀の声には過剰なほど反応する。

 早朝は仕事。そして掃除、麦の皮下輸液170cc。「ひよっこ」。買い出しと昼食を済ませ、午後は仕事再開。なんとか予定していたところまで終わらせた。

 夕方、散歩へ。ついでに靴下を買う。

 夕食は妻の友人Mさんからいただいた里芋コロッケ、エノキダケをシソと豚肉で巻いたヤツ。どちらもうまし。

 食後、エアロバイク30分、そして「美の巨人たち」。大好きな岸田劉生の坂の絵を取り上げていた。そうか、消失点が二つあるからあんなに不安定なのか。そして、赤い土。関東ローム層の赤土なんだよね。

 夜までに、結局麦次郎は五度も外廊下に出た。

 

 

岸田劉生 (新潮日本美術文庫)

岸田劉生 (新潮日本美術文庫)

 
リアル(写実)のゆくえ〜高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの

リアル(写実)のゆくえ〜高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの

 
美の本体 (講談社学術文庫 (701))

美の本体 (講談社学術文庫 (701))

 

 

 

 

 

 

 

今日も今日の事件簿

  • うひゃー事件
  • これいいじゃん事件
  • ミーおばちゃん「ちょっとだけ忙しくなった」事件
  • 一時間半のつもりが二時間半事件
  • 一時間のつもりが三十分事件
  • 一時間のつもりが二時間半事件

 

美術手帖 2011年 08月号 [雑誌]

美術手帖 2011年 08月号 [雑誌]

 

 

 

 

 

 

今日も忙しいので事件簿

  • 全力疾走みたいな事件
  • A5のルーズリーフ事件
  • ちゃちゃっとごはん事件
  • おもしろそうではある事件
  • プリン事件
  • スケジュール調整だけで夜になった事件
  • 何十案?事件

↓くちばしにへんな模様をつけているアホなひと。ゲロの跡です。この握り方、写真で見ると怖そうだけど、少ない力できちんと保定できる、正しい握り方なんだそうです。

f:id:catkicker001:20170623001041j:plain