わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

多和田葉子「地球にちりばめられて」(9)

「群像」2017年8月号掲載。

 母国を失い、自分だけの即席言語を話すようになった女Hirukoと、多くの人を裏切るように生きるうちに母国が失われ、それを知ってか知らずか、母語はおろかすべての話し言葉を失ってしまった男Susanoo。二人の出会いは、お互いの言葉にどんな作用をもたらすのか。

 

 

群像 2017年 08 月号 [雑誌]

群像 2017年 08 月号 [雑誌]

 

 

多和田葉子の作品はこちら。

 

 

暴走老猫

 五時二十分起床。早朝から廊下でシッコしそうな雰囲気を振りまく麦次郎を十分ほどマークし、キチンとトイレでできたのを見届けてから身支度。

 コジコジは換羽がはじまったようで、かなり機嫌が悪い。それでも、昨日よりはフレンドリーだ。

 仕事。某案件の企画を進めつつ、大騒ぎする麦次郎を世話する。最近は暴走老人のようなわがままさだ。実際、人なら百歳以上の老猫なのだが。

 足の痛みは、平常時はほとんど感じないものの、指で押すと軽く痛む。今週末もランニングはNGかな。

 夕食はゴーヤチャンプルーをつくった。写真撮ればよかったかな。

 

↓再掲だけど。

f:id:catkicker001:20170613175718j:plain

 

 

 

大澤真幸「〈世界史〉の哲学」近代篇8 商品の救済/人間の救済

「群像」2017年7月号掲載。

 商品が交換によって貨幣となり、貨幣が交換によって別の商品となる、という資本主義の基本的な価値交換のシステムと、宗教との関連性。

 無限の富の追求が根底にある資本主義がキリスト教のような一神教のもとで発達したことの複雑な背景がおもしろい。だが今回は前哨戦的な内容で、マックス・ヴェーバーといわゆる終末論の関連性といった核心的な部分は次号。

 

 

群像 2017年 07 月号 [雑誌]

群像 2017年 07 月号 [雑誌]

 

 

大澤真幸の作品はこちら。

 

『〈世界史〉の哲学』シリーズはこちら。

梅雨明けと、チャチャッと

 五時、自然に目が覚めてしまう。すぐさま廊下を確認すると、案の定、例によって大きな水たまりができていた。麦次郎、明け方はおしっこをガマンできなくなるようだ。ペットシーツで吸い取り、トイレクイックルで念入りにふき、最後に微生物分解タイプのペット専用消臭剤で仕上げ。寝ぼけていても手際がいい。

 コジコジは昨日遊んであげられなかったせいか、怒っている。

 梅雨が明けたらしい。といっても、梅雨らしさはまるでなかった。しとしとと降りつづけるのではなく、突然激しくふりはじめる強襲型の雨。

 仕事。夕方まで某カタログの企画。夜は後楽園にて打ち合わせ。

 夕食はレトルトのカレーでチャチャッと済ませた。

 

 

新宿中村屋 インドカリービーフスパイシー 200g×5個

新宿中村屋 インドカリービーフスパイシー 200g×5個

 

 

今日の事件簿

  • 今日も廊下に水たまり事件
  • ゲリラ豪雨か事件
  • 結局ブレている事件
  • 夕食弁当事件
  • なんだかくさくなってきた事件

 

 

引いてきた

 四時半、麦次郎に騒がれて起床。案の定、廊下に大きなシッコの水たまりができていた。掃除をしてから二度寝

 五時三十分起床。昨日のランニングで痛めた左足はまだ痛む。アイシング、圧迫などを何度も。すると、午後には痛みがかなり引いてしまった。軽く痛むが日常生活はまったく問題ない。われながら驚いた。

 家の裏手の善福寺川でかわせみが

 日中は夕方まで仕事。

 夕方、コジコジを放鳥。なぜか、ぺんてるの「エナージェル」ブルーのノック部分だ大好きらしく、そこでばかり遊んでいる。

 

 

 

 

方針を変える

 六時起床。オフ。猫とインコの世話、読書など。実家から大量に野菜が届いた。

 首の寝違えがかなりよくなったので、夜、短め・スローペースでランニングへ。しかし左足ふくらはぎ下が痛みだし、途中から歩くハメに。軽度の肉離れと見た。おそらく寝違えが完全でない状態で、自分ではスローと思っていても身体のコンディション的にはオーバーワーク状態、首の影響で、背中や腰、足まで緊張していたところ、負荷がかかかってケガしたのだと思う。日々の筋トレやストレッチ、ウォーミングアップをしっかりやっていても、そしてランニングフォームに気をつけていても、ケガしてしまう。陸上部だった高校時代もケガは多めだったが、オッサンになってからすごく増えてしまった。どうしたものか…。速筋が多い短距離・跳躍型の体質なので、長距離があっていないのはよくわかっているのだけれど。

 ひとまず2週間から1ヵ月を目安に安静にして完治させてつつ、今後のランニングの方針を考えないと。やめてしまったらコレステロールの貯まりやすい体質が改善されず健康に害が出るだろうし…ちょっと困っている。

 

 

金哲彦のランニング・メソッド

金哲彦のランニング・メソッド