わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

 五時に目が覚めてしまった。暑さよりも尿意で、だが。

 午前中は書斎で仕事。朝からためらわずにエアコンを使った。蛍光灯のデスクライトがちょうど顔のあたりに来て、光源が熱い。もう十年使ったのでいいかな、とLEDのものをポチった。

 

 

 午後は都内某所にて某案件のプレゼン。いい感触。

 夜は比較的平和。でも明日の午後はバタバタしそう。

 

 読書は松浦寿輝「人外(9)」(「群像」2018年8月号掲載)。ちょっと怖い感じ。生きることの業の深さと、肉体という存在のわずらわしさと。

 

群像 2018年 08 月号 [雑誌]

群像 2018年 08 月号 [雑誌]

 

 

 

名誉と恍惚

名誉と恍惚

 
BB/PP

BB/PP

 
花腐し

花腐し

 

 

 

 

 

 

かぶれる

 五時四十五分起床。寝癖がひどい。暑くて寝相まで乱れたか。しかし寝汗はあまりかいていない。

 葵は元気だが、コジコジは換羽中で体力の消耗が激しいらしく、軽くバテ気味。エアコンでなるべく快適になるようにしてあげた。そのせいか、今朝は多少機嫌がいい。

 仕事。ほぼ終日、書斎にこもって作業。

 夕方、妻と軽く散歩。敏感肌の妻は汗をかくと化学繊維でかぶれてくるらしい。今年の夏は、暑い時間帯はなるべく歩かないようがよさそうだ。ぼくは金属アレルギーだが、化学繊維は今のところは大丈夫そうだ。だが、時間の問題のような気がする。

 実家のある茨城県古河市、最高気温が37度を超えていた。両親の趣味は畑仕事だ。気をつけてもらいたい。

 

 読書は絲山秋子「御社のチャラ男(4)」、松浦寿輝「人外(9)」(いずれも「群像」2018年8月号掲載)。

 

群像 2018年 08 月号 [雑誌]

群像 2018年 08 月号 [雑誌]

 

 

 

 

薄情

薄情

 

 

 

名誉と恍惚

名誉と恍惚

 

 

今日の事件簿

  • 暑すぎて集中できない事件
  • あんなしあんドーナツ事件
  • クソアマココナッツ事件
  • あまり力が入らない事件
  • 体重が1日で1kg減った事件
  • いきなりレントゲ事件(なんともなかったけどね)

 

▼ ココナッツといえば。

Off the Coast of Me

Off the Coast of Me

 

 

今日の事件簿

  • 指痛い事件
  • ペンの持ち方が悪いらしい事件
  • 寝かせて持つ変なクセついてたからなあ事件
  • コロコロ事件
  • 二つの異なるカツ丼事件
  • パンイチおいかけっこ事件

 

 

 

解釈への挑戦

 六時起床。熱帯夜の中を走って体は疲れているというのに、眠りは浅かったようで、マブタは重い。昼間の仕事の興奮がつづいていたか。

 妻は今日も「ネコ市ネコ座」へ。ありがたいことに大盛況らしい。ぼくは書斎で黙々と仕事。

 夕食はコープで特価になっていたのにそれでも100g800円もした北海道産の牛ヒレ肉をステーキにした。しっかりした赤身の味。うまし。

 

 読書は保坂和志の新連載「鉄の胡蝶は歳月の記憶に夢を彫るか」(「郡像」2018年8月号掲載)。解釈という読み方への挑戦、だね。

 

 

群像 2018年 08 月号 [雑誌]

群像 2018年 08 月号 [雑誌]

 

 

 

未明の闘争

未明の闘争

 

 

 

季節の記憶 (中公文庫)

季節の記憶 (中公文庫)

 

 

 

プレーンソング (中公文庫)

プレーンソング (中公文庫)

 

 

ネコ市ネコ座

 五時四十五分起床。妻は「楽しみながら、猫だすけ」がテーマのイベント「ネコ市ネコ座」へ。書籍やグッズの販売をし、その収益の一部が保護猫活動に利用される。ここ数年で、そのへんをうろついている野良ちゃんがだいぶ減った。多くは寿命なのだろうけれど、保護猫活動の効果も確実にある。以前、保護猫をわが家に迎えようとして(インコのコジコジを本能で狙ってしまうので断念したけれど)、その際に訪問した保護猫活動団体の保護施設は限られた予算で猫を保護するためにかなりたいへんそうだった。猫はもちろんなのだが、活動家のみなさんの状況改善にもつながれば、と思う。

www.nekoichinekoza.jp

 

 酷暑。朝から尋常なない暑さ。息が苦しい。

 午前中は掃除。午後から仕事。某案件の構成とコピー。

 無線LANが不調。iPhoneVAIOiPadも問題ない。どうやらMacだけのようだ。ちょっと調べたら、古めのMac miniUSB3.0を使うと無線通信に障害が出るらしい。外付けのUSB3.0SSDをアルミホイルで包んだら改善した、という情報をネットで見つけたので実践したら、かなり安定するようになった。ま、あと1年くらいしたら買い換えかな。

 夜はランニングへ。夏の昼間は危険、と夜に走るランナーは多い。そして犬の散歩をする方も多い。12.2kmを1時間9分。汗でずぶ濡れのようになった。

 

▼発情ゲロが落ち着き、少しキゲンがよくなってきた。換羽中なのでボサボサ。次に病院行ったら、ツメ切ってもらわんと。

f:id:catkicker001:20180712173446j:plain

 

▼暑いのによく遊ぶ。

f:id:catkicker001:20180714231306j:plain

 

起きるまでルール

 気づけば夕べも葵が添い寝していた。花子は寝入りっぱなの数分から十数分しか一緒にいなかったようだが、葵はいつまでも寝ているらしい。で、こちらが気づくといなくなる。恥ずかしいのか、「起きるまでルール」のようなものがあるのか。

 

▼再掲。添い寝中じゃないけど。

f:id:catkicker001:20180710175942j:plain

 

 五時四十五分起床。暑い。

 八時四十分、外出。九時三十分過ぎ、茗荷谷着。朝の中央線の慢性病と化しつつある遅延対策のために早めに出たが、結局アポイントより二十分近く早めに着いた。

 そこから打ち合わせを立てつづけに三発。十三時二十分ごろ、終了。

 新宿へ移動。暑い。インド人になった気分なのでカレーを食べることに。だが純然たるインド人というほどではなかったので中村屋に入った。チキンカリーを注文。創業時に使っていたという「白目米」というさらっとして浸透性のよいお米を限定で出しているというので、このお米にしていただいた。サラダとインドティー(アイスチャイだな)を付けて、2,500円近くかかってしまった。でもおいしかったから満足。カレーは当然ながら、薬味のピクルスがおいしすぎて驚いた。マイルドな酸味としっかりしたうまみ。

 今日打ち合わせをしてきた案件のために中村屋から某商業ビルに移動し、某小売店の店内を視察。この施設に入ったのは生まれてはじめてかもしれない。

 十五時過ぎ、帰社/帰宅。シャワーを浴びてから仕事再開。

 夕食は軽めに済ませたが、それでも昼食のボリュームが多かったせいか(さらにいえば夕食は軽めとはいえいつもは控えめにしている炭水化物を中心にしてしまった)、いつもより軽く体重が増えた。500gくらいだけど。

 

 読書は瀬戸内寂聴「その日まで」(「群像」2018年8月号掲載)。好評だった『いのち』を書き終えた九十八歳の寂聴が、文字通りこの世から旅立つ時を覚悟しながら書くエッセイ。至って淡々としており、冗談と達観が絶妙に入り混じっている。

 

群像 2018年 08 月号 [雑誌]

群像 2018年 08 月号 [雑誌]

 

 

 

いのち

いのち