わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

村田喜代子

形跡なんて言葉を使うと

五時四十分起床。曇天。路面に、微かに雨が降った形跡があった。形跡なんて言葉を使うと、犯人捜しみたいだな。 仕事。昼から都内某所にて某案件の取材。フォトグラファーの女性が社交性の固まりのような方で、その会話術に驚いた。これは見習わなければ。 …

変な練り物で煮物

五時四十分起床。曇天だが雲が薄いのか、東側の窓は意外に明るい。夏至が近いせいもあるのだろう。明日は満月だ。 仕事。週末に赤字をいただいていた原稿の修正データ二本をメールで送付。そして別の案件に取り掛かる。 十五時過ぎ、いったん手を止めて軽く…

この程度で済んでいるということに

五時四十分起床。目のかゆみがひどい。鼻水や鼻の粘膜の切れによる出欠はエアコンの使用をやめてオイルヒーターを最低限で使うようにしてからかなり収まったのだが、目はこの程度の対策では追いつかなかったらしい。スギ花粉にはほとんど反応しない体質だっ…

叩いている時間も長い

五時四十分起床。蒸し暑い朝。今年最後の真夏日となるのか、それとももう少しつづくのか。今日は秋分の日だ。 祝日ではあるが、仕事。取引先からのメールも何通かあり、平日並みに慌ただしい。キーボードを叩いている時間も長い。 夕方、落ち着いたのでリニ…

感謝に多忙がついて回る

五時四十分起床。寝苦しさに一晩中もだえ、寝不足で朝を迎える。そんなことがめっきり減った。季節の変化は朝晩に色濃く感じられる。気温の急な変化にこそ、微妙な変化が出やすいのかもしれない。朝日や夕日の色、光の鋭さ柔らかさも季節で変わる。もっとも…