わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

広告

雑貨パーカッションライブ

他人に投げつけ、ぶつけるために、本来は黒板に文字を書くために使うチョークを買いに出かけた。チョーク屋はすぐに見つかった。店員は木村拓哉だった。草彅剛と中居正広が合流してきた。ぼくを交えた三人で、洗濯板やらタライやら鍋やらまな板やらで、雑貨…

CMに見るAppleとGoogleの、あるいはiPhoneとAndroidの違い

最近話題になっているGoogle/AndroidのCMが、とても気に入っている。クールでスタイリッシュ、ユーモアも感じられ、そしてなによりも「つながり感」がある。 当然だけど、CMの方向性は違う Appleも自社広告が非常に巧みだが、Googleとは根本的に性格が異なる…

スローガン/キャッチフレーズ/タグライン の違い

今日依頼を受けた新規案件は、某企業の某サービスのタグライン開発。この言葉、少しずつ浸透してきているようだが、一時期の「ブランド」や「インサイト」とおなじで、定義づけが曖昧になっているような。実際のところ、どうなのだろう。スローガン/キャッ…

「若者のもの離れ」対策異業種会議(宣伝会議2014年12月号)

若年層を対象にした商品のプロモーションを企画したり制作物を手がけたりする機会は決して少なくないのだが、必ず迷うのがメディアプランニング。オンライン中心の構成を考えてみても、どこかスッキリしないことになる。だが、今回の記事を読んでかなり納得…

関心なくてもつい見てしまう、へーベルハウスの新聞広告

一見、奇をてらった広告のようだけれど、実はこの住宅商品の機能性の高さを孫悟空というキャラクターの特性にうまく引っかけて説明をしている。機能性の高さと快適な家を建てて住むことのわくわく感というかエンタメ感というか、これらをシンプルでわかりや…

RYOMA GOLFの超攻撃的挑発的破壊的広告

このブランド、ゴルフをやらないせいかほとんど知らなかったのだが、とにかくスゴイ。ゴルフ=さわやか+緑色+紳士、というイメージを完全に覆して、黒というカラーと攻撃的なコピー、そしてビートたけしという人選で、ブランドを尖らせることに見事に成功…

「宣伝会議」2014年12月号 特集「ネイティブアドの効果と可能性」

「宣伝会議」2014年12月号、巻頭特集は「ネイティブアド」。聞きなれない言葉だが、自分の言葉でまとめてみると 「(たとえばGizmodoみたいな)情報発信型のWebサイトにおいて、通常のコンテンツと自然に(native)なじんでいるんだけど、実は広告だという、…

ユニクロのフリース20周年記念広告

今朝の朝日新聞朝刊より。今のユニクロを築く最初の一歩になったのがフリースだったのだと思うが、今やこの商品、国民の一人に一着、ってなくらい浸透した「国民服」と言えるのかもしれない。戦時中みたいでイヤな表現だが。 この広告、たくさんの人がコメン…

広告/マーケティング関連の書籍を2冊ほど購入

日々精進、ということで、仕事のお勉強のために2冊ほどポチった。2冊ともちょっと古めなのだが、内容はまったく色あせていない…はず。 1冊目は、博報堂の軽部拓氏が十年前に書いたもの。先日、宣伝会議セミナーで話を聞き、興味を持ったので買ってみた次第。…

adidas runningのシリーズ広告 〜社会貢献の先に利益がある、のかな

最近、adidasが展開しているランナーをターゲットにしたシリーズ広告(https://www.facebook.com/adidasJP?fref=photo)。週末ランナーなので興味深く見ている。3枚とも、PCの壁紙にしたい。ちょっと小さいのでムリなんだけどね。 広告・販促業界では「イン…

本田哲也/田端信太郎『広告やメディアでひとを動かそうとするのは、もうあきらめなさい。』

この本、挑発的なタイトルで業界ではかなり話題になっている。田端氏は、リクルートで「R25」を立ち上げ、LINEの仕掛け人としても有名な方。知らなかったけど。 第1章では、より多くのターゲットにアピールしたいのなら、マス広告による絨毯爆撃的な出稿は…

DMMのハロウィンパーティーの広告

朝日新聞別冊「GLOBE」に掲載されていたDMMの広告。かぼちゃ妖怪のお口がステキ。……それだけです(笑)。

リクルートの東証一部上場告知広告

今朝の日経新聞朝刊に掲載。朝日新聞にも掲載されていた。 上場を告知する場合、通常は「上場しました」「未来に向かって」「大いなる第一歩」みたいな、自分たちはこれからどこに向かうのかをキレイな言葉で奇をてらわずに伝える手法が取られることが多いの…

街と森を行き来する

五時五十五分起床。右腕の付け根、まだ痛みが残っている。激痛ではないのだが、そのまま痛む部分を取り外せそうな感覚。違和感が強い。 午前中はちまちまと作成していたわが社のホームページのデータをFTPでアップ。ついでにサイトマップのxmlを組み込むなど…

宝島社の、マッカーサー来日の写真を使った新聞広告が大反響ですが……

大震災=戦争・降伏。高橋源一郎が「日本文学盛衰記 戦後文学篇」で言っていたことをそのまんまビジュアル化したってこと、なのかな。 最近のCMでは、ダンゼンこれが好き。BOIL JAPAN. この国には、底力がある。 カップヌードルは名作CMが多い。本当に素晴ら…