わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

カレー

梅雨明けと、チャチャッと

五時、自然に目が覚めてしまう。すぐさま廊下を確認すると、案の定、例によって大きな水たまりができていた。麦次郎、明け方はおしっこをガマンできなくなるようだ。ペットシーツで吸い取り、トイレクイックルで念入りにふき、最後に微生物分解タイプのペッ…

ぶち込んだのがよかったようだ

六時十五分起床。平穏な朝。麦次郎もコジコジも、何のトラブルもない。 午前中は冷たい強風。春一番の後に吹く、揺り戻しのような、冷たい冬の突風だ。風の強弱に合わせて、善福寺川の川面の波紋が複雑に揺れ動く。麦次郎が今朝は何度も外に出せとうるさかっ…

焼き鳥のたれとナムプラー

六時三十分、もへっと起床。麦次郎がすぐそばでぱたっと倒れていた。玄関ではなく、ここでずっと寝ていたらしい。めずらしい。 朝イチで鳥かごを掃除するが、コジコジがまったく騒がない。抜け毛が激しいので換羽による大量消耗か。だがすぐに元気になってい…

カレーの日

六時三十分起床。晴れ。朝日に夏の光の鋭さはないのだが、暑くなる予感だけは強く感じる。 ここ数日、妙に叫ぶ回数の増えた麦次郎にゴハンを与え、人の言葉のマネをするようになったが何を言っているかさっぱりわからないコジコジのカゴを掃除しゴハンを足す…

走った後に日記を書くと眠くなる

二時、麦次郎がウンコをすべてトイレの外にこぼしてしまった。便秘でないのはありがたいことだが、粗相っぷりの豪快さに笑ってしまった。 五時四十五分起床。成人の日。休日ではあるがいつも通りの時間に起きた。冷たい冬の無彩色の空が広がっているが、雲は…

無言の圧力

六時二十分起床。麦次郎、ドアのそばから無言の圧力。市原悦子か、とツッコミを入れつつ、慌ててゴハンを用意する。珍しく鳴き叫ばなかった。 雨。低気圧で体調を崩すことが多いので少し心配だったが、ドウブツたちは快調の様子。 午前中は掃除。十一時三十…

ゲロの目覚め

五時四十五分、麦次郎のゲロで目が覚める。微かに聞こえる雨音に、微かに気を取られながらゲロを片づける。 ドウブツたちの世話を済ませてから朝食、そして仕事開始。昨日とおなじ案件を、黙々と。昼食を挟み、十七時まで黙々と。いつの間にか雨が止んでいた…

膝はどうなる

六時起床。夏の朝の気だるさを微かに感じる。 午前中は掃除に精を出す。暑い。掃除機をかけるだけで汗が吹き出る。 昼食は冷麺。モランボンというブランドのチルド冷麺を自宅で食べたのだが、スープが本格的で驚いた。本格的な焼き肉店で出てくるシンプルな…

外は冬の雨

六時起床。一段と厳しい冷え込みの中、眠気を呆れるほど長く引きずっている。眠気というよりは怠惰かもしれない。 仕事。朝から某家電メーカーの案件にかかりきり。一つのことをひたすら考えすぎると、飽きる。感情というのは勝手なもので、義務やら使命感や…

すっきりはしない

五時四十五分起床。午前中から打ち合わせの予定があると、どうも焦る。気が急く。何から何までさっさと済ませ、今すぐにでも、という勢いで、とっとと家を飛び出したくなる。無論そんなわけにはいかないので、一つ一つ、いつも通りに身支度やら動物の世話や…