読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

日記

比例の春

五時四十五分起床。春。だがまだ家の中は冬の冷たさを床のあたりに引きずっている。 麦次郎、春めいていくのと比例するように外に出せとせがむ回数が増えていく。コジコジは換羽が春の訪れとともにピークになった。今はほぼ抜け終わり、ハゲハゲ状態になって…

悪い雀とうろつく猫たち

五時三十分起床。晴れ。朝から外出なのだが、そんなことおかまいなしに、麦次郎は外に出せとせがんでくる。コジコジは大人しい。だが、少しだけではあるものの、吐き戻しを始めている。換羽が終わったらまた軽く発情、ということか。 十時、小石川へ。少し早…

想像しやすい

五時四十五分起床。晴れ。この天気なら桜が一気に開くのではないか、と期待したが、夕方に軽く散歩した時に見た限りでは、少なくとも西荻界隈では、さほどでもない。とはいえ、一週間前よりは満開を想像しやすい咲き方だ。天気に浮かれたか、今日も麦次郎は…

今日の事件簿

苦戦しつつもなんとか先が見えてきた事件 麦次郎何度も何度も事件 間近でカワセミ事件 コジコジ今日はよくしゃべる事件 吟遊詩人のコーンパンうまし事件 鶏肉マーマレード焼きうまし事件

うろうろしたり居眠りしたり

六時起床。雨。仕事は多少落ち着いてきたので、今日はオフにした。午前中は掃除。午後は吉祥寺のヨドバシでマウスを物色してみたが、心に響くものはなかった。バッテリーの問題を除けば、今使っているロジクールはすごくいいんだよね。夕方は歯科医へ。戻っ…

鉛色の冬の空

五時四十五分起床。鉛色の冬の空。午後には雨が降りはじめた。 騒ぐ麦次郎と外に出ていっしょに善福寺川を眺めたり、コジコジをカゴから出して遊ばせたりはしたが、それ以外は仕事しかしていない。世間は二度目のプレミアムフライデーを迎えているはずだが、…

二度、川を眺める

五時二十分、麦に起こされる。うんこ出た、取れ、と命令している。トイレを片づけてもまだ鳴いているのでゴハンを与え、それでも騒ぐのだがしばらくほったらかして身支度を進めたが、やはり騒ぐので抱っこしてベランダから少しずつ明るく輝きはじめた空をい…

今日の事件簿

麦次郎ちょっとしつこいですよ事件 コジコジ出ないのか事件 ひたすらに、ただひたすらに事件 スロージョグのつもりが少しだけペースアップ事件 鵜呑みにしたらあかんな主体的に判断せな事件 ↓浄水器のカートリッジが切れたのでAmazonでポチった。 日本仕様 B…

デビルイヤーは地獄耳♪

五時四十五分起床。冬のような春の嵐の後の晴天に刺激されたか、朝から麦次郎がしつこくうるさい。三度も外に出した。 午後から外出。打ち合わせまで時間があったので池袋西武の上の階にあるロフトでペンを買おうとしたのだが、結局何も買わず。別館で永井豪…

みぞれの吹雪、とは妙な表現だけれども

五時四十五分起床。みぞれが吹雪いている。という表現はおかしいのだろうが、そうとしか言えぬ荒れ模様の空。台風の朝とおなじくらい、ゴミを出すという行為に不安を感じたが、まあ、大丈夫そうだ。空の荒れはほんの一瞬、あるいは夜中から少しずつ強まって…

ダラ

六時三十分起床。空も室内も冷やす雨。今日もしっかり休めるのだが、出かけるのは少々気の引ける降り方に軽い悔しさを感じながら身支度し、例によってうるさく騒ぐ麦次郎の相手をし、ゲロを忘れた換羽中のコジコジのゲロではなく抜けた毛でいっぱいになった…

欠けたブリッジ

六時三十分起床。白くかすむ極薄の上質な布地のような空は春の表情そのもののように思えるが、気温は低い。昨日ほど風が強くないのが救いか。案の定、寝巻きがわりのスエットからパンツ一丁になりさてジーンズを、という瞬間に麦次郎に大騒ぎされ、外に連れ…

今日も「今日の事件簿」。翌朝に書いたよ。

うまい棒すげえ事件 時間が空いたら散歩だよ事件 夜はバッタバタ事件 磯崎憲一郎「鳥獣戯画」今月の連載はなぜか高校生恋愛小説と化しているがやっぱりヘンだし暴走してるよ事件 群像 2017年 04 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/03/07 メ…

今日の事件簿

日記を書く時間をうまくつくれないなー事件 アクロン事件 甥も姪もよろこんでいた事件 ↓某新進系IT企業に就職する甥の就職祝い ロットリング トリオペン シルバー SO502715 出版社/メーカー: ロットリング メディア: オフィス用品 クリック: 1回 この商品を…

はてなマークが整然と

五時四十五分起床。昨日は透明な親指大のおたまじゃくしだかフグだか、そんな生きものを飼っている夢を見た。今朝も似たような不思議な夢を見た気がするが、まるで思いだせない。目覚めてすぐに取ったメモを見返してみると、はてなマークが三つ並んでいるだ…

今日の事件簿

コジコジフレンドリー事件 まだ仕事が終わらない事件

今日の事件簿

今日は鳥はいない事件 コジコジ求愛ゲロをしない事件 コジコジしっぽが抜けた事件(換羽中) むぎちゃん、って呼ばれたね事件 味噌煮込みうどん延期事件 パン三昧事件 やっぱり仕事事件 レポート用紙が好き事件 シャープペンシルとっかえひっかえ事件 夜の黒…

砂の嵐

六時三十分起床。晴れ。午前中は動物たちの世話と掃除。麦次郎をだっこして善福寺川を眺めていたら、カワウが魚を捕る瞬間を(かなり遠かったが)二度も目撃できた。だが麦次郎はおそらく見えていない。あるいは気づいていない。コジコジはいつも通り。 仕事…

螺旋を描きながら

五時四十五分起床。春の訪れに動物たちが機嫌をよくしている。今朝も麦次郎は早くから外に出せ、パトロールするとさわぐ。抱っこして外廊下に出すと、深くてきらきらと輝く青が猛スピードで一直線に川面を飛んでいった。カワセミだ。麦次郎は見えているだろ…

今日の事件簿

麦次郎ずり落ち事件(大丈夫でした) コジコジ豪快に換羽事件 シャーペン衝動買い事件(これがかなりアタリだった!) 七分づき米+発芽玄米+雑穀事件 吉祥寺から鷺ノ宮へ事件 しらばっくれ事件 草間彌生のかぼちゃ事件 すごい分析力事件 登記簿事件 焼き鳥…

発作のあとに

五時四十分起床。ひとまず喘息発作は落ち着いたようだが、軽い咳や小さな痰は微妙に、しぶとくつづいている。 仕事。十時ごろ、麦次郎にせがまれて外廊下に出してあげたが、小さな虫の大群が踊り場を占拠していて、外を眺めることができない。麦も納得したよ…

軽発作

五時四十五分起床。 身支度、動物たちの世話と朝食を済ませ、歯磨きをしていたら喉や胸に違和感を感じる。息苦しくなり、軽い咳と細かい痰。喘息の軽発作らしい。つらいというレベルではないので、ひとまずいつも通り仕事。 メゾンカイザーのパンで昼食。 午…

今日の事件簿

寒い日は大人しい事件 そういう考えなのですか事件 はやめふりかけ事件 微かな雨事件 結局二時間事件 あれ、こんな感じでしたっけ?事件 エッグタルト激混み事件 結局マフィン事件 メゾンカイザー事件 筋トレバキバキ事件 数字数字数字事件 メゾンカイザーの…

再発か

五時四十五分起床。少し左足の膝の上、外側あたりが痛む。軽く腸脛靭帯炎が再発しているらしい。高熱出して一日中寝ていたので、筋肉のバランスが崩れたのかもしれない。もっとも、普通に歩けるし、小走りくらいならなんてことない。 例によって麦次郎が外に…

かさぶたをまたはがされた

六時三十分起床。柔らかな春の朝日が窓越しに東向きのリビングを明るく照らすが、一歩外に出てみると、まだなお外気は冬の気配を引きずっている。だが空の表情は確かに春だ。麦次郎を二度ほど外廊下に出す。コガモ、セグロセキレイ、キセキレイ、カワウ、ハ…

Bの鉛筆と赤青鉛筆

五時四十五分起床。暖かな朝。例によって騒々しい麦次郎を出すために外廊下に出ると、善福寺川では早朝から小さな虫たちが不規則に乱れ飛んでいる。甲高いセキレイたちの鳴き声に滑稽なカルガモたちの鳴き声が混じる。そのカルガモたちの泳ぎで生まれた小さ…

なぜかアジみたいな

立ち食いで魚介系のラーメンを食べた。お冷をもらった。だがそのお冷はいつのまにか生クリーム入りのジュースにすり変わっていた。…という夢を見た。五時四十五分起床。 熱はすっかり下がった。鼻水も止まっている。のどの痛みだけが微かにしつこく、こびり…

やはり陰性だった

六時起床。こんな体調でも動物たちは世話されるのを待ってるからな。でも麦次郎は状況を察したようで、まったくわがままを言わなかった。コジコジも怒らない。 どうしても送る必要のある仕事のメールを一本送り、その後はひたすら眠る。寝過ぎて腰が痛い。 …

陰性でした

五時四十五分起床。のどが尋常じゃなく痛む。念のため、かかりつけの内科医を予約。 午前中は仕事。 午後、どうもだるい。熱を計ると38度を超えている。ありゃま。急ぎの仕事はないので、思い切って休養。 夜、内科医へ。症状を話し、診察。どう考えてもイン…

今日の事件簿

麦次郎4回は多すぎだ事件 私待つわ事件 パン買いすぎ事件 楽天銀行の口座はひとまず残す事件 着いた途端に雨事件 帰る時間には止む事件 コジコジかさぶたをはがすのはやめろ事件 夜中の空腹事件 手帳難民なりかけ事件 SWITCH Vol.35 No.3 ほぼ糸井重里 作者:…

何かとありがたい

六時起床。麦次郎は早朝から外にだせと騒いだが、コジコジは大人しい。 動物たちの世話と朝食を済ませ、ランニングへ。12kmくらいを1時間で走った。快調。痛みは出ていない。足もしっかり動く。疲れたけど。 昼食後、義父母宅へ。ホワイトデーのお返しと、義…

しょーもない悪夢

書斎で小便を漏らす夢を見た。六時三十分起床。晴れ。三月らしい微かな冷え込みはあるのだが、わずかに朝の陽射しの暖かさのほうが勝っている、と肌と目で感じる。この感覚を、春めいたというのかもしれない。この程度の冷えなら、騒ぐ老猫・麦次郎を外廊下…

今日の事件簿

日課の猫だっこ事件 お腹がピー事件 そば茹で事件 ピーは治ったので赤飯プラス事件 農作業から芸術事件 日本からインドネシア事件 義父びっくり事件 三月三日はちらし寿司事件 夜のランニング事件 インドネシアの基礎知識 (アジアの基礎知識 3) 作者: 加納啓…

まさか、このことではない

五時四十五分起床。誰かが亡くなった夢を見たが、それが誰なのかは覚えていない、というよりも、よくわからない。もやもやした気分でネットニュースをチェックすると、ムッシュかまやつが他界していた。まさか、このことなのか。いや、違うだろう。ご冥福を…

今日の事件簿

ほんとに雨降るの?事件 農業体験かあ事件 オイシックスおもしろいね事件 ブルーブラックのほうが好き事件 いきなり吉祥寺事件 ほんとに雨降った事件 浴室の電球切れた事件 風呂で読書が習慣なのに読めなかった事件 ↓というわけで、コレを注文。浴室の場合は…

終わり、はじまる

五時四十五分起床。無彩色な朝。時間が経つに連れて少しずつ光を帯び、青に染まる。だがコジコジはいつも以上に機嫌を損ねている。もっとも、怒り狂うのは腹を空かしている一瞬だけで、満たされればすぐにいつものコジコジに戻る。麦次郎は朝から外に出せと…

吟遊詩人/鳥も反省する

五時二十五分、尿意で目が覚める。そのまま起床。 例によって麦次郎にせがまれ、外廊下に出す。霞んだ空に白い雲が薄く長くたなびいている。あの空の色とミモザの花、そして沈丁花の香り、と三つが揃うと、妻がくしゃみを連発しはじめる。しかし今年は楽そう…

そういえば今日は東京マラソン

六時三十分起床。麦次郎に外に出せとせがまれ、出しても出しても、もっと出せ、とエンドレス状態になりかけた。今日は風もなく昨日より気温も高いので安心して出せるが、繰り返されると面倒くさい。外廊下でお隣さんご一家がお出かけになるところにはちあわ…

下僕感、空の季節

六時三十分起床。朝から麦次郎にシッコとウンコの始末を命じられ、外廊下に出せとも言われ、いつも以上に下僕感の強い朝。昨日ほど寒くないのは風がほとんどないからか。空に浮かぶ雲のちぎれ方と広がり方に冬らしさがない。霞みながら薄く広がる春の雲でも…

その影響もあるのかもしれない

五時四十五分起床。外では冬の冷たい突風が甲高くて騒々しい。 麦次郎の外に出せという命令だのゲロだのコジコジのカゴ掃除だのごはん入れひっくり返し対応だの、朝から動物がらみで何かと慌ただしい。だがすぐに落ち着いた。 仕事。経理処理をしてから、某…

今日の事件簿

思ったほど荒れない空事件 おもしろそうになってきた事件 どうして激混みなんだ事件 うますぎる中華弁当事件 一時間以上延々コピー事件 うますぎるタケノコ天ぷら事件 甥っ子就職内定事件 ラッセル・ミルズ事件

二月二日二時二十二分

夜中に目が覚めた。スマホで時間を確認する。二時二十二分だった。二月二日二時二十二分。 五時四十五分起床。花子の命日。二年前のにゃんにゃんにゃんの猫の日に亡くなった。意識がなくなった最後の最後まできっちり自己主張した個性の強い猫だった。そして…

目に見えぬ存在に

ここ数日、四時半だの五時だの、やや早めに目が覚めている。二時、三時ごろに目が覚めてしまうこともある。花子にごはんを与えたり、花子に無理やり起こされていた時間であることに気づき、ああ、命日も近いしな、と納得した。目に見えぬ存在に起こされてい…

今日の事件簿

平穏だがしつこい事件 カード忘れた事件 マイペースでインドネシア事件 天元突破グレンラガン事件 アジフライイカフライ事件 天元突破グレンラガン コンプリート DVD-BOX (全27話, 660分) GAINAX アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください] …

ぶち込んだのがよかったようだ

六時十五分起床。平穏な朝。麦次郎もコジコジも、何のトラブルもない。 午前中は冷たい強風。春一番の後に吹く、揺り戻しのような、冷たい冬の突風だ。風の強弱に合わせて、善福寺川の川面の波紋が複雑に揺れ動く。麦次郎が今朝は何度も外に出せとうるさかっ…

血が出るまで/ポトリ

六時十五分起床。 鳥カゴの掃除中、コジコジに血が出るほど指を噛まれた。腹が減って気が立っていたらしい。こっちも気が立つからやめろっつーの。と言ってもわかんないよなあ。過去に飼っていたどのセキセイインコよりも気性が荒い、というよりも気分の差が…

鰻牡蠣卵

五時四十五分起床。あたたかい。おまけに仕事は余裕がある状態。だが、だからといって身支度が変わるわけではない。むしろ、暖かさに気分をよくした麦次郎が何度も何度も外へ出せとうるさくなる。コジコジも少しテンションが高いかもしれない。高い声でよく…

経過観察

五時三十分起床。麦次郎が朝からトイレの外にウンコをこぼしていた。コジコジは問題ないかな。 朝イチで慶應病院へ。先日のMRIとエコーの結果。結局所見なし、経過観察ということになった。血管の老化もない状態だから疾患が起こるほうがおかしい、というよ…

今日の事件簿

花子は高いところにいる事件(夢) アール・ヌーヴォー/アール・デコ事件 麦次郎いい感じ事件 パン祭事件 ちょっと多いかも事件 dカードはやっぱり解約しない事件 意外と素直事件(鳥) 衝動的にマグロのカマ事件 片岡義男『万年筆インク紙』読了事件(楽し…

発作/かわいい猫の箱

今朝も五時四十五分起床。いつも通りの冬の朝。 うどんで昼食。 午後、麦次郎がリビングで雄叫びをあげている。鳴き方がおかしいのでかけつけると、癲癇の発作を起こしていた。トイレに入ろうとする瞬間のことだったようだ。トイレの入口に敷いておいたペッ…