わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

ランニング

臨戦態勢とメンチカツ

五時四十分起床。ここ数日、睡眠の質を計測するアプリを使ってみているのだが、自分ではそんな感覚はないというのに熟睡できているようで、驚いている。熟睡できているのにできていない気がしているのだが、それは睡眠時間自体が短めだからなのだろう。 仕事…

断片化

五時四十分起床。明け方に一雨降ったようで、道路がうっすらと濡れ、そのせいなのだろう、湿った土埃の香りがマンションの入り口一帯に広く漂っている。 断片的な一日。案件Aを終わらせ案件Bに取り掛かったところで案件Aの変更依頼が届き、そちらを済ませて…

孤独な探査

五時四十分起床。六月になる。気づけばビワの木は実を付けはじめ、紫陽花は花開きはじめた。雨の季節まではまだ若干の時間がありそうだが、今日は空の色がやや重い。夕方に軽く(風邪が治ってきたので、ひさびさに)ランニングしてみたが、例年、走路をもや…

寝不足の代償

四時三十分、目が覚めてしまう。脳が興奮しているようだ。なぜかはよくわからない。昨夜は十二時半に寝たから、四時間の睡眠。いつもより一時間から一時間半ほど短い。これじゃちょっとしんどいかな、と思いつつ、日中は今日から高円寺「猫の額」店内で個展…

三倍遅い

五時四十分起床。いや、五時半には目覚めていたか。朝からヒゲをT字カミソリで剃りたいから少しだけはやく起きよう、という気持ちが、起床時間をどんどん早まらせている。電気シェーバーはすっかり使わなくなってしまった。 仕事。昨日の、天王洲での某案件…

詐欺師と「うたげ」

六時起床。初夏らしい朝日のまぶしさ、と思えば次の瞬間には雲に日の光が遮られ、東向きのリビングはたちまち薄暗くなり、夜用のカバーをはずして起こしたばかりのインコのコッちゃんも一瞬ゴキゲンにつづけていた囀りをやめてしまう。だが光が戻れば、いや…

闇より強い黒

五時四十分起床。晴れたり、曇ったり。空の表情よりも一戸建ての念入りに手入れされたりやや放置気味だったりとさまざまな状況の庭から漂う花々の香りのほうにばかり気を取られる。 日中は仕事。 夜はランニングへ。薄くて柔らかな印象の夜の闇の中に花の香…

エキサイティングな論考

五時四十分起床。昨夜のランニングは少々ペースを速めすぎたようで、疲れが尾を引いている。下半身が妙に重い。だがネガティブな感覚はない。 仕事。某案件の企画。着手しはじめは手こずったが、午後になるとかなり先が見え、それなりに手も動くようになった…

アタマが軽くなる

六時起床。晴れ。初夏。ここ数年、おだやかでのんびりゆったりしているはずの春が、猛スピードで駆けぬけていくようになった気がする。桜が咲いているというのに四月の上旬くらいまで重く冬を引きずっていたかと思えば、ある日を境に、一気に初夏が押し寄せ…

科学的で王道

六時起床。昨夜の15kmランニングの疲労を軽く引きずっている。少しスピードを出しすぎていたか。 午前中はせっせと掃除。先日メルカリに出品していおいた、使わなくなったメルクールの両刃カミソリを出品していたのだが、無事に売却できたので発送する。いい…

桜餅とジャスミン

五時四十五分起床。晴れ。風はさほど吹かず、花も咲き、肌も目も心地よい。昨日で連休中に片付けるべき仕事はすべて終わらせたので、今日は完全オフに、と思っていたものの、午前中は掃除、午後はアイロン、買い出し、そして夕食づくり、と、家事に終始して…

ドーナッツとポモドーロ

五時四十分起床。冬を思わせる冷え込んだ雨から解放されてようやく春も肌の感覚として感じられるようになるかと思っていたが、今朝は冬とまではいかないが春の初め、一カ月以上前くらいの寒さを感じる。温暖化温暖化と地球全体で口を揃えて言っているが、中…

近視の桜

六時起床。曇天。今年最後の寒の戻りらしい。天気予報の厳しい表現に怯えるようにしまいかけていたヒートテックを出してきてみたものの、やはり二月までの寒さと三月のそれとは根本的に何かが違うようで、いや、カラダが変わりつつあるからなのかもしれない…

イモとこんにゃくとランニングと屁

六時起床。予報では朝までつづくといわれていた雨は結局降らなかったのか、ベランダも向かいの家の屋根も道路も濡れていない。夜のランニングは大丈夫そうだな、と期待しつつ身支度やら動物たちの世話やら掃除やらを進める。 一通り掃除を済ませたところで、…

瞬く星、東京の

六時起床。いい天気。日に日に空の表情も気温も花々の咲く様子も春めいてきた。 午前中は掃除。午後はひたすら仕事。 夜はランニングへ。雲がないせいなのか、風のながれ方なのか、不思議と夜空が美しく見えた。東京の空は星が少ない。だが、ランニング中に…

雨と下ネタ

六時二十分起床。少しカラダが重いのは、昨日のランニングの疲れが残っているからだろう。疲れより充実感や満足感のほうが強いから、苦ではない。 東京マラソンの日だが、あいにくの雨。ぼくは土日も急に働く必要が出ることが多いので、マラソン大会にエント…

42桁に、42桁

六時起床。天気はいいようだが、妻は花粉を恐れている。自分にスギ花粉の症状はほぼなかったが、ここ数日感じている目の軽いかゆみは、ひょっとしたら花粉症なのかもしれないし、他の原因なのかもしれない。わからない。今日も何度か、かゆみ止めの目薬をさ…

バーナード・リーチのある店

六時起床。晴れ。心地よい朝。三月下旬の気温なのだとか。 午前中はランニングへ。和田堀公園に行ってから、宮前のどこだかよくわからん場所を迷走するという不思議なコースを、14km。あちこちで梅が盛り。蝋梅が開きかけているのも見かけた。 妻がつくって…

名残りがない

六時起床。昨夜の雪はすっかりやんでいるようだ。家々の屋根には微かにその痕跡が残っているが、路上やベランダの手すりは雨上がりのような湿り気はあるものの、雪が降ったなどまったく感じさせないくらい、いつもどおりだ。陽が高くなるにつれて屋根につも…

伝助

五時四十五分起床。晴れ。三月くらいか、そんな体感。寒くない。青空も広がっている。 朝イチから仕事。 午後は妻がグループ展の会場に向かったため、お留守番。といっても家にずっといたわけではなく、買い出しをしてからランニングへ。善福寺川沿いを18km…

汚れと星

五時、葵に起こされる。暗闇の中で玉っころを投げて遊んでくれと言っている。二度ほど投げたが、睡魔に負けた。 六時二十分、きちんと起床。ノドが乾燥している。痛みはないが、内側の管が「激落ちくん」になってしまったような感覚。朝から水を大量に飲む。…

紅茶の縁

六時二十分起床。午前中は大澤真幸「〈世界史〉の哲学」(「群像」2019年2月号掲載。ドストエフスキーから資本主義を読み解く試み)を少し読んだり、アイロンをかけたり。Amazonから、葵のおもちゃの玉っころと、『僕たちは、宇宙のことぜんぜんわからない』…

脳味噌の半分は

今朝も五時四十五分起床。冷え込んだ朝だがすっきりと晴れている。木々が葉を落としはじめているからだろうか、見上げる空が冬の気配をいっそう色濃くしているように感じる。 土曜だが仕事。某案件のコピー。軸が定まらず、書いては戻って書き直し、また進め…

黄葉せぬまま/路上の獅子

六時起床。今日も曇りかと思ったが気づけば強い朝日が差しはじめ、明るくなった部屋の中で身支度やらドウブツたちの世話やらを進めると、それなりの目は覚め、重かった体もアタマもすっきりしてくる。昨晩残していたバケットで朝食。 日曜だが、仕事。掃除。…

ベーグル女子と買い換え時

五時四十五分起床。あれ、寒いかな。目覚めるや否や、そう感じる日が少しずつ増えてきた。外出する時も、近所をうろつく時はブロードシャツの上にコットンの上着を一枚羽織る。十一月なのだから当然なのだが、この暑さが永久につづくのではないかと本気で思…

朝の雨、そしてグネグネと吉祥寺

五時四十五分起床。曇天。朝のうちは時折、軽く雨が降った。だが昼前には千切れ千切れではあるものの、青空がのぞきはじめた。気温は下がっているようだが、室内は湿度が高いせいか、半袖でもいけそうな程度。汗ばむほどではない。 ほぼ終日、書斎に引き籠も…

反抗し、眠たがる

五時四十五分にアラームが鳴ったのは覚えているが、気づけば六時。祝日なので、少し気が抜けている。仕事はお休みだが、祝日は平日と同じ時間に起きることにしている。だが、体が、脳が、反抗し、眠たがる。 曇天。いつ雨が降り出してもおかしくない色と陰影…

月は見えなかった

六時二十分起床。曇り空に少しずつ青い部分が加わり、薄く霞んだ雲やまだらな雲の間の青が妙に深く高く感じるその表情は明らかに秋そのものだというのに、気温は夏のようだ。ぼくらが夏を引きずるというより、夏からいまだ抜け出せていない。そんな感覚。身…

命に想いを馳せる日、みたいな

六時二十分起床。朝から葵と少し遊ぶ。 連休の中日、彼岸。秋分の日はたしか、亡くなった命に想いを馳せる日、みたいな定義があったような。 掃除、アイロン。だらだらと家事をこなし、少し本を読み、夜は走る。結局、いつもとたいして変わらない一日。ラン…

顔料袋

六時二十分起床。微かに降ったかと思えばいつの間にかやみ、いつ降るのか、強くなるのか、それともやむのか、と妙に気がかりになる、そんな色の空。 午前中は掃除に精を出す。 午後は妻と三鷹へ。三鷹市美術ギャラリーで「横山操展」を観る。パステルで描い…