わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

ランニング

ネコ市ネコ座

五時四十五分起床。妻は「楽しみながら、猫だすけ」がテーマのイベント「ネコ市ネコ座」へ。書籍やグッズの販売をし、その収益の一部が保護猫活動に利用される。ここ数年で、そのへんをうろついている野良ちゃんがだいぶ減った。多くは寿命なのだろうけれど…

水の街

六時二十分起床。曇天。雨は降っていないようだ。じゃれつく葵を適度にかまいつつ、身支度する。 換羽中のコジコジのカゴを念入りに掃除。家の中も念入りに掃除。作業するほどに汗ばむ。湿度は高い。 西荻で買い物を済ませてから、パンで昼食。アンセンのク…

梅雨明けの朝に

梅雨明け直後の寝起きは体に厳しい。眠気と暑さがせめぎ合う。だがするべきことは山ほどあるので余計なことは考えず感じようともせず、六時、さっさと起床。感じようともせず、とは思ったものの、暑さは皮膚から体のなかと脳味噌を直撃する。だがまぶしい朝…

梅雨の花

六時二十分起床。女優の旧ミムラ・現美村里江が夢に出てきた。 布団に入っている間は静かに雨音が響いてきたがいつしか途絶えた。だが陽は射さず、もう一度降るか、降ったり止んだりを繰り返したりか、そんな調子なのではないかとなんの根拠もなしに考えてい…

インソールよさらば

六時起床。朝のうちは陽が差さず東向きに窓のあるリビングは薄暗いままで、猫もインコも今ひとつ気持ちが高揚せぬままだったが、次第に外が、そして室内もそれにつられて明るくなっていく。灰色の空に少しずつ青みが増していく。 午前中は事務処理、そして掃…

ランと丼

六時二十分起床。晴れ。午前中は掃除に精を出す。 午後、妻は高円寺の猫雑貨店「猫の額」内の個展会場へ。ぼくはランニング。13kmくらいを走る。 夜は麻婆茄子をつくった。丼にして食べた。写真を撮っておけばよかったな。 夜、「美の巨人たち」。横山大観(…

蛭子能収の物語

六時二十分起床。晴れ。こどもの日。この日も天気が崩れることは少ないのではないか。文化の日や、旧体育の日(十月十日)などがそうだったと記憶している。年ごとの、大気の大きな流れやら、地球への太陽光の注ぎ方の変化やら、そういったものが複雑に関係…

ジャケットと焼売

六時二十分起床。晴れ。連休初日の土曜はいつものように掃除からスタート。 午後、外出。荻窪の無印良品でナイロンのテーラードジャケットを購入。シルエットが限りなくワイズで笑ってしまった。 新宿高島屋へ。スポーツウェアのセールがあったのだが、何も…

歩いて、走る

六時十五分起床。軽く鼻炎。朝から鼻をかみつづける。しばらくすると自然に収まった。 初夏のすがすがしい朝日。まだ四月かと思うと違和感があるが、四捨五入すればゴールデンウィークと思えば納得できる。午前中はリビングの窓で朝日を浴びるのが日課になっ…

花々の横を

五時、雨音で目覚める。マンションの裏手に流れる河岸をコンクリートで固められた川の水面を打つ雨音は反響の効果があるのか、深夜は妙に響くことがある。二十数年住みつづけているが、慣れない、というよりも、音に反応する本能が消えることはない。 六時起…

音と目覚める

六時二十分起床。いや、五時二十分に目覚めたが二度寝し、葵がおもちゃで遊ぶ音と、スマホにセットしたアラームが鳴るのとが、ほぼ同時に聞こえ、音で目覚めた。もう何十年も、朝の目覚めを音で迎えていることに気づく。ただ、音が響く前に目は覚めているこ…

あんパン食べちゃった

大きなコンサートホールでウルトラマンレオのファンの集いみたいなイベントに参加していた。レオに「子供の頃、どうしてレオは寝癖だらけの髪型なんだろうと思ってた」と話したら、ショックだったようで、泣かれた。…という夢を見た。六時三十分起床。 ウル…

油断は禁物

六時二十分起床。雑用をこなしていたら、あっという間に昼。パスタで昼食。 午後、ランニングへ。15kmほど走ろうかと思っていたが、3kmくらい走ったところで喘息発作の予兆のような息苦しさを感じ、予定を変更して帰宅。軽い咳。胸がざらつくような感覚。軽…

違和感と言い訳めいたもの

六時二十分起床。晴れ。暖かい。気づけばあちこちで花が咲いている。桜はもうじきか。コットンネルのシャツとヒートテックの下着をしまった。 午前中は録音しておいた「爆笑問題 カーボーイ」「伊集院光 深夜の馬鹿力」を聞きながら掃除。太田の監督した元SM…

盛りだくさんな一日

六時起床。曇天。気温は暖かくなるという予報だが、床や壁から冷気が伝わってきて寒い。ただし、真冬の厳しさはない。 午前中は掃除に精を出す。 妻が仙台出張で買ってきてくれただだちゃ豆炊き込みごはんの素で昼食。仙台じゃなくて山形の名産だけどな。う…

ようやく日向の心地よさを

五時四十五分起床。今朝も昨日同様、暖かな朝。少し目がかゆいのは、花粉症ではなく隣のマンションの工事の粉塵だろう。マンション側の部屋でしかかゆくならない。 妻は今日も仙台へ。ぼくは動物たちと留守番だ。葵は窓際で気持ちよさそうにひなたぼっこして…

のんびりと

六時十分起床。妻は今日、明日と仙台の猫雑貨画廊で個展。ぼくはお留守番。今日はオフなので(といってもメールチェックやら事務処理やらはしているのだが)、午前中は掃除、午後は軽く11kmほどランニングし、あとはずーっと猫やインコと遊んだり、ラジオを…

一晩中起きていた、ということになっていた

六時起床。ランニング計測アプリなどフィットネス関連のサービスをいろいろ提供しているadidas傘下でドコモからも出資を受けているruntasticという好きな企業があるのだが、そこからリリースされているiPhoneの睡眠アプリを使ってみた。枕元に置いて寝るだけ…

目覚めとともに走り去る

六時二十分、葵に起こされる。高いところからじっとこちらを見下ろす、その視線で目が覚めた。遊びたいのかと思い声をかけたが、ぼくが起き上がるとすぐさま飛び降り、リビングへと走り去った。葵は、基本的には歩かない。すべての移動がジャンプあるいはダ…

変なコース

六時十分起床。寒い。 妻は上野松坂屋での催事へ。ぼくは掃除。二十年前にいただいた猫用のひんやりシートの先駆けみたいなものを押し入れに保管していたのだが、中に入っている冷却用の水が漏れていた。廃棄。猫たち、あんまり使わなかったんだよなあ、コレ…

三秒猫/かなりの達人

六時二十分起床。朝のうちは鈍重な雲が低く空を覆っていたが、時間が経つにつれ少しずつ日が差し、やがてやわらなかな冬晴れになった。鳥たちの鳴き声がいつもよりよく響くのは、落葉がほぼ終わり周囲の木々が枝だけの、風や音の通りやすい状態になったから…

パンと猫ゲージと白ワイン

六時二十分起床。冬晴れ。澄んだ空気を胸いっぱい吸いたい気分だが、身支度やら動物たちの世話やら掃除やらをしているうちに、あっという間に日は高くなり、青空だけは広がっているものの、深呼吸なんて気分はすでに消え、そのまま昼食の時間になだれ込んだ…

猫ゲロはどうやって受けていた

五時、例によって葵の早朝大運動会がはじまる。エントリーしているのは葵だけだ。 六時三十分起床。冬の朝の冷え込みはほとんど感じず。すぐ邪魔しにくる葵を適当にあしらいながら身支度。朝食も済ませ、書斎でメールチェックなどしていると、妻が叫んでいる…

オムニバスの夢

六時二十分起床。オムニバス形式になっているような、おかしな夢を見た。内容はもう覚えていないのだが、寝起きに書いたメモを見てみると、陸上部、マラソン、虫の大量発生、りんご、とある。前ふたつと後ろふたつはそれぞれつながっているようなのだが、マ…

まだジジイではない

何度も小便で目が覚める。ジジイになってしまったのだろうか。五時四十五分起床。 祝日だが平日モードであれこれと。コジコジのカゴを掃除し、体重を測定。いつもより落ちている。昨日はさみしくてあまり食べなかったようだ。うーん、何日も家を空けるわけに…

猫のわかれ

妻、妻の友人H、そしてぼくの三人で、ものすごくつまらない舞台を見に行く夢を見た。六時十五分起床。 秋晴れ、と思いきや、夏のような暑さ。しかし湿度は低いようで、時折吹く風は心地よく、秋の気配をわずかに感じさせる。蝉の声が遠い。 午前中は掃除に精…

惰性

五時四十五分起床。曇天。もたもたと身支度をしていたら、あっという間に七時になった。コジコジのカゴ掃除をしたら、軽く噛まれた。 仕事。某案件の企画書。ここ数週間読みつづけた美術関連の書籍の集約作業。十五時半、なんとか一区切りついたのでここで手…

回復する麦次郎

四時四十五分、麦次郎のトイレ始末とゴハンのために起床。軽い寝不足。 麦次郎、朝のうちはちょっとしんどそうだったものの、時間が経つにつれて シャッキリしてきた。ステロイドが効いているのだろう。 身支度をあれこれ済ませてから、仕事。妻は相模大野の…

叩いてウェルダン

五時、今朝も麦次郎に叩き起こされた。おしっこ出ました、と律義に報告してくれる。が、例によって廊下にしている。掃除をしてから二度寝、六時起床。 仕事量が比較的落ち着いている(性格には待機状態の案件が多くなっている)のと、金曜日に日付変更直前ま…

方針を変える

六時起床。オフ。猫とインコの世話、読書など。実家から大量に野菜が届いた。 首の寝違えがかなりよくなったので、夜、短め・スローペースでランニングへ。しかし左足ふくらはぎ下が痛みだし、途中から歩くハメに。軽度の肉離れと見た。おそらく寝違えが完全…